FF13-2 パラドクスエンディングの感想

  • 2012.01.10 Tuesday
  • 21:31
JUGEMテーマ:ゲーム
 

すっ飛ばしてシークレットEDの感想を書いてしまったので、パラドクスEDの感想を書きます。
当然の如くネタバレ注意です。


■とこしえの安息
AF700のネオ・ボーダムでライトニングの誘いに乗るとみられるエンディング。
グランドクロスは必要なく、これを見てもすぐに直前からやり直してノーマルEDを見ることができるので、一番簡単に見ることのできるエンディングです。

よくある「偽りの幸せな世界(夢や幻)に浸って生きる」という結末で一般的にはバッドEDっぽいですが、ノーマル・シークレットEDを見るとこれが一番セラにとって幸せな結末に思えてきます。


■二人の門出
グランドクロス必須。
AF4XXのアカデミアでアリサにオーパーツを差し出された際に選択肢が出現するようになります。断るとこのEDに。
本当の歴史ではパージが原因で亡くなっていたはずのアリサが、カイアスに唆されて自分が存在できる歴史を維持するためオーパーツに細工をしてノエルとセラを罠にはめようとしていた…という話です。
そうなるとノーマルEDのアリサが渡したオーパーツも罠だったのか、それともノーマルEDのアリサは自分の本来の運命を受け入れていて罠ナシのオーパーツを渡していたのかという疑問が湧きますが、セラ達がゲートをくぐる際、アリサがごめんね、と言っているのを見るとノーマルEDでも罠アリだったような気がします。
ということは、罠ナシのオーパーツを受け取れれば別の結末になるってことですかね。

それはさておき、アリサの企みを見破っていたスノウが乱入し、その後セラを連れて旅立っていくという展開になります。3日後に暗殺されるというホープの護衛をノエルに押し付けて。
タイムトラベルしているんだから3日くらい4人一緒に居てホープを守ってから出かけりゃいいじゃねえか…あんなに世話になったノエルのこともアッサリ放り出してそんなにスノウが大事かセラめ!と不愉快になりました。

もし13-3が続編としてあって、それがスノウ・セラ主人公の「13の時代を巡って13のクリスタルを集める」なんてゲームだったら私は絶対に買いません。


■巨兵達の大戦
ビルジ遺跡AF005のアトラスを、弱体化せずに倒すとみられるエンディング。グランドクロス必須。
これがノエル君の生まれた未来の歴史らしいです。
パルスに蔓延るアトラスの大群に、ノエル(走り方がなんかおかしい…)とセラが挑み、二人の武器が突き刺さったアトラスが映って終わり。その後二人がどうなったのかは不明。
要するに何も変わってないです。
まあでもこれが本来の歴史なんだよ、これを変えたいんだよっていうことは良く分かるのでこういうのが1つあってもいいとは思います。きっちり変えられた幸せな未来が見られるエンディングが用意されているならば、の話ですが。


■プリンをもってプリンを制す
グランドクロス必須、AF300のサンレス水郷で、弱体化させずに完熟大王を倒すとみられるエンディング。
コメディな内容になっていて、モーグリの腹黒さが可愛いエンディングです。私は好きです。が、何度も言いますがマトモに完結したエンディングがあるなら、の話。どれもそうですが、こんなにチマチマとしたパラドクスエンディングをいくつも作るヒマがあるのならちゃんとしたエンディングを1つ用意してくれと言いたいです。

 
■魂のレプリカ
グランドクロス必須。AF200のアガスティタワーでデミ・ファルシを倒すと見られるエンディング。
一番どうでもいいエンディングだと思いました。
デミ・ファルシを倒したと思ったのは実は幻で、セラとノエルは実験体としてデミ・ファルシに使われていますとかいう内容。ほんとどうでもいいです。


■償いの夢路
AF300のヲルバ郷でカイアスを倒すと見られるエンディング。グランドクロス必須。
いまいち時代の前後が分からないエンディングでした。なにか聞き逃してるのか見逃してるのか理解力ないのかその全部なのか分かりませんけども。
ルシ(1回目)にされたヴァニラの懺悔。そしてコクーンに引き上げられた異跡の中にあるはずの、ヴァニラのクリスタルがヲルバ郷にあります。それを眺めるセラとノエル。いつかファングに今聴いたヴァニラの懺悔を伝えるね、と言うセラと、それにありがとうと答えるヴァニラですが、じゃあコクーンを支えてるのは今ファング一人ってことなの??訳が分かりません。


■混沌を継ぐ者
グランドクロス必須。死にゆく世界でカイアスとノエルの一騎打ちでカイアスを倒すと見られるエンディング。ここへ来る前の時空の狭間でのセラ&モンスターVSカイアスの時はグランドクロスを切っておかないとそこで別のパラドクスエンディングになってしまうので注意です。
ノエル君には不幸なことですが、続編があるとすれば一番望みがありそうなエンディングです。カイアスの心臓をノエル君が受け継ぎ、永遠の命を得たという話なので、まだエトロがかろうじて生きているから。


■世界の終りの空
グランドクロス必須。時空の狭間でカイアスを倒すと見られるエンディング。
AF700のネオ・ボーダムと同じ景色のネオ・ボーダムで、セラ・ノエル・ユールが暮らしているというエンディング。そこへ空からノエルが乗ってきた(?)のと同じような隕石が堕ちてきて、それに向かって走る3人…というところで終わり。ある意味3人とも幸せそうです。皆ポジティブで、まだ未来を変えることを諦めてないし、隕石によってなにか変化しそうですし。
そりゃいいんですがユールが走る場面があるんですがどこか悪い所があるのかと思うような滑稽な走り方で台無し。可愛いと思ってんのかなあんなモーションつけて。



結局、どれもエンディングとは言っても短いもので「もし」な感じが否めないものばかりです。苦労に見合うかどうかは疑問。とにかく、ノーマルのエンディングが中途半端な終わり方なのでどうしてもパラドクスEDも蛇足というかそんなことに労力や容量割くなよと言いたくなります。続編を作るための布石なのかなぁ。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM