龍が如く 維新!で遊んでいます

  • 2014.03.14 Friday
  • 11:02
JUGEMテーマ:ゲーム

ドラクエもですが、2月22日に発売された龍が如く 維新!でも遊んでいます。
ナンバリングではない時代物(今回は幕末)のスピンオフですが、同じ時代物のスピンオフだった見参!が面白かったので期待してました。

今回桐生ちゃんは坂本竜馬となって登場、過去ナンバリングの登場人物も沢山出演していて、オールスターみたいになってて豪華です。ナンバリングの龍が如くの戦闘は「喧嘩」なので素手が基本なんですが、スピンオフは大抵武器がメインになっていて、大抵いつも素手よりモッサリしていて不安でしたが、やっぱり一刀使うとちょっとモッサリしてますね。
そして残念ながら文明の利器である銃に剣は勝てません…戦闘スタイルが格闘、一刀、短銃、乱舞(一刀と短銃)と選べるのですが、改造した銃が強すぎて楽すぎて刀ほとんど使ってません。
桐生ちゃん本人のレベルとは別にスタイルごとに経験値があって、使ってないと強くなっていかないのも面倒…シリーズ最強の「虎落とし」が覚えられるので格闘スタイルもレベル上げしていかないといけないのは分かってるのですが、あんまり爽快感もなくて使ってません。

難易度は、先述したように戦闘スタイル別に経験値積まないといけないせいで、何使っても最初が弱くてちょっとしんどい気がします。
あと雑魚がすんごい後ろにスウェイしまくって間合いとってくるので、それも銃がラクになる要因ですねー。
 

今第6章まで進んだところですが、ストーリーは謎に満ちててかなり先が気になる展開です。
けど龍が如くって広げまくった風呂敷を畳めず終わる不満足ラストが多いので油断できません。
毎回ラストには文句言っている気がするのですが、それまでの個々のエピソードとかキャラ付けと演出が上手いんですよねえ…今回も泣かせてくれるでしょうか。

毎回ゲストに俳優さん、女優さんを使うこのシリーズですが、今回は高橋克典さんと船越英一郎さんが出てます。おりょうもなんか知らん女優が使われてるみたいですが可愛くないし上手くもないのでスルー。ついでに言うと遊郭の女の子も全然可愛くないし棒読みなのでやめてほしかったですね。

高橋さんは普段旅チャンネルで世界の船旅のナレーションされてるの聴いていて、すごく上手だなあと思って期待していたのですが、今回の武市半平太役もすんごく上手です!船越さんは言うまでもないっていう位お上手です。
それと藤堂平助役の、5では馬場ちゃん役だった大東俊介さんはほんっとにハマり役!馬場ちゃんよりも更にこなれてて良かったです。土方役で3の峰をやってた中村獅童さんもすっごくクールでカッコ良かったですねー、峰だよ峰が土方やってるよ!という感じでした。風間のおやっさんは渡さんじゃなかったですね。渡さんだと3の「びゅーてぃふる あーいず」を思い出して笑っちゃうので違って良かったかも知れません。
同じく3に出ててこれもすごくお上手だった力也は隊士カードとしてだけの出演で残念…藤原達也さんだから難しかったのかなー…。


相変わらず本編のストーリーよりも、ミニゲームやらサブゲームに膨大な時間をとられてます。
特に今回は別宅で農作、料理、ペットを飼うことができて、農作物や料理、釣った魚等を行商に出すとボロ儲けできるので京の町にも出ずずっと家にこもりきりという時間も長いのです。
料理するときのノリノリの桐生ちゃんが大好き。
「さて、作るか♪」から始まって、たかがネギ切るだけにはっ!ふん!とうっ!といちいち掛け声入れて、うまくできたら「ふっふーん♪」とご満悦で可愛すぎます。47歳のオッサンに萌える日が来るとは思いませんでした。
料理楽しいのですが一度作ったら台所にアクセスする前まで戻されたり、同じ料理をまとめて複数作れないのが面倒ですね。このへんテストプレイしてなんとも思わなかったのかなあ。


サブストーリーはいつもおバカな笑える話が多いのですが、今回はまじめないい話が多くてちょっと物足りないです。
本編の桐生ちゃんは「何?」「何だと?」「どういうことだ」ばっかりで、陰謀に巻き込まれる単なる無愛想で無口な男でしかないのですが、サブストーリーだと饒舌で個性も出てます。


ミニゲームは、日舞が難しいけどおもしろいです。
おもしろいというか、カラオケもそうなんですが、別段好きでもなく普段きかない演歌・民謡なのにこのゲームだとやけに耳に残ってしまってつい何度も遊んでしまいます。さむらい音頭が特に好きです。はらぺこ日和もいいよね。カラオケは桐生ちゃんの合いの手に笑ってしまって毎回ボタン入力失敗してしまいます。
日舞は最近の家庭のでかいテレビで遊ぶの分かってんだろうにこんなに盤面でかくして何考えてんだという不親切なデザインでなのですが、なぜか遊んじゃうんですよねえ。
某巨大掲示板を見てたら2画面にして画面小さくすればやりやすいとあったので今度チャレンジしてみます。

シリーズ恒例の釣りですが、江戸時代なのでリールというものがないためいつものクソめんどくさい引き寄せがなくてアワセ一発で釣れるのでほんっとーにラクです!
散々格闘してアタッシュケースかよ!ってならないのがありがたい。

あとは…賭博は旦那に花札の「こいこい」をやってもらってお金もちになりました。
武器の改造にお金がかかるので助かります!ありがとう。

それと街の人や店舗やらに「絆」というものがある場合があって、これを最大にしないと売られない商品などがあるので結構メンドクサイですね…コンプリートの食事も、前はお酒数杯は1回の入店で飲めたはずなんですが今回1度に1杯しか飲めなくて手間がかかりました。

あとはバトルダンジョン。
アプリゲーみたいにガチャで隊士カードを集めて桐生ちゃんを強化し、ダンジョンを制覇して素材を集めて武器を強化できるのですが、これのおかげで本編の敵がボス含めて雑魚になってしまいます。特に先に書いたように銃がアホみたいに強いので、本編のボス戦だけはわざと刀で戦ってます。せっかくサントラもカッコいいものが多いのに銃で瞬殺じゃあ盛り上がらないですもんね。

それと普段あんまり気にもとめてなかったのですが、時代物のせいか音楽が壮大でカッコいいですね!
特に岡田以蔵戦のInnocence for Violenceと、近藤勇戦の今宵の虎鉄という曲がほんとにカッコいいです。


とにかくここ2年の間はほとんどドラクエしかやってなかったので、久々に違うゲームで遊んだということもあって楽しいです!セーブして結果が気に入らなかったらロードできるオフゲーって素晴らしいなと思いました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM