その他PSのゲーム

  • 2006.04.11 Tuesday
  • 20:48
ゲームの話をする前に、あのぅ、成分解析やってて思い出した事があるんで書いていいでしょうか。

なんか似たような感じの遊びで「いきなり次回予告」ってのがあったんですよ。
3人分の名前入れると、あらかじめ作られてた予告にその名前が適当に入るというやつです。

例えばね、
ミロク
モカ
ザジ

っていう名前を入れると、こんな感じの次回予告が出来るんです。

「突然医師から余命三ヶ月の宣告を受けたミロク。
助かる道は生体肝移植のみ。
しかし臓器の提供が可能なドナーは、ミロクが生涯かけて憎み続けてきた冷酷な実兄・モカただ1人だった…。
そして懊悩するミロクにつけこみ本懐を遂げようとするセクハラ上司・ザジ。
彼らの明日に光は在るのか?
 
衝撃の最終回『肝臓よこせ!』乞う御期待!」

とか、

「ついに、ミロクが禁断の術の封印を解いてしまった!
「この術でモカ、ザジ、お前らの息の根を止めてやる!!」
「何故…仲間同士が戦わなきゃいけないんだ」
次回「対決、ミロクVSモカ、ザジの涙の理由」
俺はここで、倒れるわけにはいかない……。」

とか、

「次週の「人・生きがいシリーズ」第6弾は
らっきょう農家を営む、らっきょう会のカリスマ・ミロクさんを訪ねます。
リポーターは、今年の大河ドラマの花魁役でデビューしたモカちゃん。
スタジオゲストは、ミスらっきょうのザジさんです。
お楽しみに。」

とか。

成分解析と違ってダウンロードとか不要で、ネットで簡単に出来ます。
携帯にも対応してるみたいです。
お暇な方はお試しあれ→いきなり次回予告



本題に入りますね。
ゲームの話です。

前にも言いましたが、実は最初プレステ2を欲しいと言い出したのはダンナの方でした。
当初(初代プレステが発売されたばっかりの頃)ゲームになど全く興味のなかった私はこのバカ高いオモチャを忌々しく思っていたくらいです。

そんな私が唯一プレイしていたのが、モンスターファームシリーズでした。

手持ちの音楽CDからデータを読み取ってモンスターを誕生させ、それを育成していくという独特のシステムと、可愛らしいネコのモンスターが育成できるという点が気に入っていました。
まあ、そういう可愛いモンスターは弱いんですけどね。

プレステ2では「モンスターファーム」「モンスターファーム4」「モンスターファーム5」が出ています。

だけど、ぶっちゃけプレステ2になってから面白くないんですよね…。
一番面白かったのはプレステで出た「モンスターファーム2」だったと思います。ゲームなんて全然しない私が「やってみようか」と思ったくらいですから。

4がとにかく全然面白くなくて、というかシステムが全然ダメだったので、RPG色を強めたという5はヤバいんじゃないの、と思ったんですが警戒していたせいか意外と面白かったです。
ていうかトロが出てるからそれだけで満足なんですけどね。


全然たいした事ないゲーム歴に、妙にマイナーなゲームが混ざってますよねぇ。

こんな感じです。
本数、凄く少ないと思います。
1本のゲームをしつこくプレイするので(気に入れば、ですよ)そんなに何本も持ってないんですよ。
まあトロくてアクションが出来ないからジャンルが狭すぎるってのも原因なんですけどね。

こんなヘタレゲーマー(って言ってるけどゲーマーって言うのが申し訳なくなってきた)の私ですけど、宜しくお願い致します。
長い長い自己紹介終わりです。


ポチっとしてくれると喜びます!

wcminimore

★お返事はコチラでしております。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM