++ 幻水5 ++ 薄き薄明の森

  • 2006.11.15 Wednesday
  • 15:36
さて、リオンを治す為に黎明の紋章をなんとかしたい王子ですが、ツヴァイクの助言により西の遺跡に行く事になります。
ルクレティアは一度はキツい事を言ってそんな王子を諌めるのですが、結局サウロニクス城へごきげん伺いついでに行ってもいいという事になります。ええ人やルクレティア!

外へ出ようとするとイベントがあり、ここでガレオンさんが加入。
これで女王騎士そろい踏みです!嬉しい!!

船でまずはスピナクス港へ。
そりゃいいんですが学者野郎とローレライが固定メンバーになってるのがうざい。
港へ着いたら着いたでドコ行きゃいいのか延々彷徨うわたくし。
分かりにくいっつーの…(逆ギレかよ)。
やっと東の方へ行けばいいと分かってずんずん進む。
川を渡った先になにやら和風な感じのキャラが立っており、ベルクートさんの事を尋ねてきます。
ハヅキちゃんという剣士らしいです。
のでもっかい戻ってベルクートさんを連れてくるとなにやらお知り合いのようで。
そして強引に仲間になってくれます。
マリノがうだうだ騒いでますが無視!
ハヅキちゃん頑張れ!マリノに負けるな(違
そりゃいいけどまたSレンジキャラ…。

スピナクス港を出て南下するとサウロニクス城到着。
市街にある民家に入るとラハルさんのお姉さん登場。
仲間になってくれたけど、か、変わった人だね。
ここはミアキスの出身地らしく知り合いがいっぱいいるみたいです。

城の中へ入ると赤青騎士登場。
リューグの単純さが好きです。
別室で騎兵団長のクレイグさんと会見。うわ渋っ!!
顔もいいですが声もめちゃめちゃステキです。
戦闘メンバーに…ならないだろうなぁ。

ゴドウィンに味方しないよう団長さんにクギを刺しておつかい終了。
いよいよ紋章の謎をさぐるため薄き薄明の森へ。


がーーーっ、ここなんだよMAP分かりにくすぎるっ!!
あとムラサキのカズラーに「美味しくない」ハズのベルクートさんが食われまくる。

あちこちぶつかってやっとこさ遺跡へ。
出たよー、ホネとか盾とか防御高い敵ばっかりだよ…遺跡キライ。
ゼラセさんに破魔の紋章つけてるけどMPが足りねぇ。
魔吸の紋章あったって回復してるヒマがないっての。

ここも黎明の紋章がないと先に進めない扉がある。
ずんずん進むとキリィが居ました。そして更に余計なメンバーが増える。
ローレライがキリィ加入を嫌がるさまがカワイイ。

更に奥でボス戦。
エンシェントカズラー。状態異常がうざい。
倒すとイベント。再びレックナート様登場。
ほんで紋章レベルアップ。殆ど使わないけど。
学者野郎がレックナートの事を「勝手な女性だな」と言ってたのが印象的。
正論だけどアンタに言われたくないと思うよ。

無事紋章もレベルアップしてリオンを治せそうなのでお帰りになるご一行。
途中キリィが抜けようとしたけど引き止めたら仲間になったよ。


本拠地に帰って医務室へ。
リオンの意識が回復。良かった良かった。涙ぐむミアキスがかわいいなあ。

場面は変わって太陽宮。
なにやらバフラム達が懸念を示すような作戦をギゼルが立てているらしい…。
そしてキルデリクが女王騎士に。
アレニアさんは驚いていたけど、何もかも知っているわけじゃないんだねぇ。


さて仲間集め。
目安箱にジーンさんからの手紙が入ってたので再び大穴へ。
なんかちみっこのエレシュちゃん(つってもエライ長生きのちみっこだろうけど)が居て、彼女の試練とやらに付き合うことに。

遺跡の奥へ行くと強い敵とエンカウントする。
あー、私この青く燃えてる馬みたいの苦手。
それにしてもこの遺跡広すぎるよ。どんだけ掘ってんの地面。
しかも枝分かれした先に結構レアなアイテム入りの宝箱があったりして油断できん。

すごい奥へ行くとセーブポイント。
セーブした直後ミリオンアイの自爆でSレンジ3人くらい死んだ。

扉の奥へ行くとなんかボス。
シェプセスカ。
いやちょっとこの人強すぎるよ。ダメダメ。つか与えるダメージがヘボすぎる。
状態異常攻撃してくるし。
体勢立て直してリトライ。
2、3人死んでた気がするけどなんとか勝利。
エレシュちゃんが仲間になりました。


戻って医務室へリオンの見舞いに行くとイベント。
なんとギゼルは敵国(?)であるアーメスに援軍を依頼した模様。なるほど売国奴。
ドラートでは王子軍に加担した住民を残忍にも処刑し広場に吊るさせるキルデリクの姿が。

アーメスが攻めてきても竜馬騎兵団が出てこない。なんでじゃ。
真相を確かめにサウロニクスへ再び行く事に。でも敵兵がウロウロしてて危ないのでドワーフの地下水路を通って行く事になります。
テレポートも行き先が限られるように。

ドワーフの村へ行くとなんかイヤンな雰囲気。
なんでも人間にドワーフが殺されたとか…でもガンデの仲裁で誤解がとけ、ワボンさんのトロッコに乗せて貰えることになりました。
どうでもいいけどこのトロッコで移動する場面、画像作ってないらしく画面暗転で音とセリフのみ…ちょっと手抜きすぎやしませんか。

トロッコの旅を満喫するご一行に、幽世の門の暗殺者が襲い掛かってきます。
烈身の秘薬とやらを使ってドーピングまでしてきます。

なんとか薄き薄明の森へ。
ワボン達ドワーフも王子に協力してくれることになりました。

なぜかゴドウィン兵が居てサウロニクス城へは正面切って入れない。
仕方なく港へ行くと、ラハル達が薄き薄明の森で王子を待ってるとの事。
行ってみると、竜馬を使って裏口から城へつれてってくれるそうです。

城へ行き団長と会うも真相はハッキリしません。
ラハル達にも理由が分からないとのこと。
ここでラハル達だけが掟に逆らってでも王子に協力してくれることになりました。

ラハル達を連れて本拠地に戻るご一行。
待っていた皆は2人しかいないことに落胆を隠せませんが、今は仕方ありません。
状況も逼迫してきたので、レルカーかロードレイク、どちらかの防衛線の指揮をとることになります。

とりあえずここまで。
なかなかハナシが終わらないなぁ。いや全然いいんだけど。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM