++ 幻水5 ++ ラハルの正体見た

  • 2006.11.16 Thursday
  • 21:39
さて、レルカーかロードレイク、どちらかの防衛戦の指揮をとることになった王子。
私はビーバー使いたいのでレルカーを選択。

敵の部隊がレルカーに到着すると負けなんですけど、戦闘後ワーって街の方に逃げていってしまうことがあり、1度負けてしまいました。
んもう。

防衛と言っても、住民が避難する時間かせぎをするだけですので、深追いはしません。
それどころかこっちの窮地は変わらず、なんとルクレティアさんは本拠地を捨てて撤退しようと言い出しました。

驚く皆に、この戦いの本質を説くルクレティアさん。
確かに、これは別に本拠地を守るための戦いではないです。
ってことで、皆さんの薦めに従って本拠地放置することに(死守も選べます)。
それにしてもルクレティアさんは落ち着いたものです。
何か考えがあるのかな。


場面変わって太陽宮。
兄上のピンチを嘆くリムと、逆に意外にも王子の強さを語るサイアリーズ。
彼女の目的はまだ読めません。

王子たちがスタコラ逃げた後、本拠地に入るキルデリクとマハ達。
でももぬけのカラ状態なのでイラついているようです。

その肝心の王子たちはドワーフ達のところに身を寄せていました。
そして、やっぱりどうあっても竜馬騎兵団を動かす必要があるので、もう一度サウロニクスに行く事になります。
ミアキスが言うにはゴルディアスという場所がクサイという事なのでそこへ行くんですが、女人禁制とか。
まあどっちみち私のパーティーには野郎しか居ませんけどね。

ワボンのトロッコで再び薄き薄明の森へ。
そこから更にサウロニクス南のゴルディアスへ向かいます。

ゴルディアスに行き、奥へ行くとイベント。
ちみっこ騎兵見習いのニックと、世話係のヨラン君登場です。
なにこの髪型!
めちゃめちゃカワイイですこの2人!
って、そんな事より、何故かここにもゴドウィン兵の姿が。
奥には竜馬の巣があるらしいのですが、突っ込むと騒ぎになるので行けません。
が、ラハルさんに何やら策があるとのこと。

………。

なんですが。

その策って、ラハルさんが女装してのお色気作戦なのでした。
今度の青騎士さんは変態ですよ!
しかも衣装はお姉さんの、例の超ミニ着物。
まあ百歩譲って顔はいいとして、足…スネ毛、剃ったんですかソレ。
この姿をラハルさんにあこがれていた町娘たちに見せてやりたいです。
結局兵隊を痛めつけて気絶させてるし。
女装の必要があったかどうか怪しいです。

で、まあそんなこんなで竜馬の巣の奥へ。
そこには幽世の門の暗殺者達の姿が。
なんとゴドウィンは騎兵団の命とも言える竜馬の卵を人質に、出兵しないよう脅していたのでした。
当然戦闘になるんですが、リューグとラハルの武器鍛えてなくて苦戦しました。
お供メンバー多すぎて主力帰しちゃったし。

戦闘後、またもや例の目がウツロな人(いいかげん名前覚えたらどうだろう、私)登場。
再びタマゴピーンチ!
と、そこへカッチョ良くゲオルグが登場し、目がウツロな人退散。
やれやれ。

女王殺しの真相が明らかになり、一度でもゲオルグを疑ってしまったことのある王子、当の本人を前にしてちょっとシュンとしてます。
ここで
「…ありがとう」
「…ごめんなさい」
の選択肢が出るんですが、なんかどっちもピンと来なかったです、私には。

ここでリューグとラハル達は離脱。
代わりにゲオルグがメンバー入りし、ドワーフキャンプに戻ることに。
リューグ達は団長を連れて後から来てくれるそうです。
キャンプではミアキスも誤解していたことを詫び、一件落着な感じです。

さて、竜馬騎兵団の協力が得られる事になったのでいざ反撃!
一夜明けると例の美中年クレイグ団長も到着し、盛り上がってきました。
しかし戦争の前にルクレティアは王子にもう一度セラス湖の遺跡に行って水門を開いてくるようにと言います。


遺跡から戻ると反撃開始。
ルクレティアは最初から狙っていたのでしょうか、敵満載の本拠地は湖のド真ん中にあります。そこへ注ぎ込む水をせき止めていた水門を開くのですから当然城は水浸し。
キルデリク達のあわてふためく様が愉快です。

すっかり浮き足立ってしまった敵に対してコチラは準備万端、竜馬騎兵も加わって形勢逆転です。
かなり近づかないとコチラに向かってこないし何より数が全然違いますから楽勝です。

そして無事本拠地奪還!
軍議の間でクレイグの挨拶を受け、しかもやっとこさここでゲオルグが108星入りです。


とりあえずここまで。
しかしまあ本拠地捨てるなんて初めてじゃないですかねぇ。
ゲオルグさんもやっと仲間になってくれたわけですけど、それにしても魔法防御が低すぎます。好きだから使うけどね。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM