第5章 その5

  • 2007.12.11 Tuesday
  • 22:28
JUGEMテーマ:ゲーム


ちょっと今日は夕飯…というかデザートを食べ過ぎてキモチワルイです。いい歳こいて食べすぎで気持ちわるいって軽く恥ずかしいもんです。


さあてドラクエ日記はどこまで書きましたっけ?
ああそうそう、ライアンさんが仲間になって、仲間全員に金を使い込まれたという事が発覚してガッカリしたんでしたっけね。


お次の目的地はサントハイムなんですけども少しまたここでレベル上げします。
ライアン→Lv17
ミネア→Lv23 バギマ
マーニャ→Lv24
アリーナ→Lv21
ブライ→Lv23 レミラーマ
ミロク→Lv23
クリフト→Lv20

そんでもってサントハイム近くの町……なんでしたっけ、そうそうサランへ行ってみます。
「まほうのカギ」のお陰で、以前行けなかった町の右側へ行けるようになりました。

そこで人の話を聞いてみると、どうやら失踪した王様には未来を予知する力があったらしいです。きっと、失踪前に言っていた「夢」は予知夢だったんでしょうね。
■民家ツボ
どくけしそう

■タンス
ぬののふく


そんでもって更に、王様の教育係だった爺さんにも話を聞くことができました。
彼が言うには、王様が子供の頃「ボクの娘が困っているから、教会の裏に立て札をたておくれよ」と言っていたんだとか!

早速教会の裏へ行くと果たして立て札が立っており「みらいのボクの娘へ」と伝言が記されておりました。
それによると、空の上には天空の城があり竜の神様が住んでいて、その竜の神様は昔地獄の帝王を封じ込めたことがあるんだそうです。なるほど、蘇りつつある地獄の帝王をその竜の神様に会ってなんとかしてもらえって事ですね。

ちなみに天空の城のことはスタンシアラの人が知っているそうです。そういや、なんだか天空の鎧とかをセットで集めると城に行けるとか言っていたな。


まあそれはそれとして、サントハイムへバルザックを倒しに行かねばなりません。
城の1Fに気になる宝物庫があるのですが炎みたいなモンスターが頑張っているので中に入れません。

2F
玉座に王様が座っていますが、これはもちろんバルザックが化けているんです。
話しかけると変身(?)します。前回会った時より、更に進化しているみたい。
BOSS
バルザック

いつもの通り2回攻撃してきます。ヒャダルコが痛いよう、そうだ「せいじゃくのたま」を……!と思ったけど持ってねぇし。なんだよ、あんな大事そうなアイテムなくしたのかよ…マーニャのバクチ代に消えたのか?
そんなわけで回復役は二人ほど居たほうが良さそうです。

戦闘後、アリーナがLv22に。
クリフトはLv21になりザオラルを覚えました。
ライアンはLv18、トルネコはLv25、ブライはLv24になりました。どうでもいいけれどトルネコってなんでこんなに一人だけレベル上がりやすいんですかね。

さて、バルザックの進化の秘法は、実は失敗だったみたいです。完全に進化するには「黄金の腕輪」がないとダメみたいです。ってどっかで聞いたような……。

バルザックを倒すと城内の、見えていたモンスターは消えますので宝物庫に入れるようになります。エンカウントはするので注意です。ていうかアリーナのパパ達は戻ってこないんだけれど一体どこへ行ってしまったんでしょうか。

■1F宝箱
あやかしのふえ
ちからのたね
マグマのつえ



さて…次は一体どこへ行ったらいいんですかね。

一度マップ東の方の洞窟へ行ったら水びたしで入れなかった所があったので、多分それに関連するアイテムがあるんだと思うのでそれを探しに行ってみるかな。


海辺の村
満潮になるとウズ巻いている所が一箇所だけあるのでそこになにかあるんだろうなとは思っていたんですが、具体的にどうすりゃいいのか分からないので放置していたんですよね。一応その辺りを調べてみたりもしたんですが…。

念のためもう一度村をしつこくウロついてみても、他に目ぼしいものはないので再び砂浜を調べまくります。そしたらやっとこさ砂浜から「かわきのいし」を発掘!
なんだ、やっぱりここだったのか…調べていた位置がズレていたのね。


その後適当にウロついていたらなにやらほこらのような場所に着き、中に居た尼みたいな人に話しかけたら話途中でいきなりウッとか言って死んでしまいました。えええ。これってミロク達が濡れ衣着せられちゃったりしないよね!?


今度はうみなりのほこらへ来てみました。苦労して手に入れた「かわきのいし」使えよって話ですけど、それはちょっと後回し…。

ここ、敵が強いです。なんかドキドキします。ドキドキっていうか冷や冷やか。
マーニャ→Lv26
ミロク→Lv24 イオラ
ライアン→Lv21
アリーナ→Lv24
トルネコ→Lv26
ミネア→Lv25
ブライ→Lv25 マホトラ
クリフト→Lv22
一番使わないトルネコが一番レベルが高いっていう皮肉。

■1F 宝箱
ちいさなメダル×2

■B1F 宝箱
てんくうのよろい
ちいさなメダル


ボスがいるのかと思ってドキドキしていたけれど、居なくてよかった。ていうか居たとしてもMPボロボロだったから一旦引き返さないとムリだったろうな。


さあ…次はどこへ行きゃいいんだ。
この分だと、かわきの石使って入る洞窟も苦戦しそうだなあ…と思いつつ世界をウロウロしていたら、イムルの村で妙な噂が。宿に泊まるとキレイなおネーちゃんの夢が見られるという話でもちきりです。ミロクは女なのでおネーちゃんの夢なんか見たって面白くもなんともないんですが、まあ泊まってみることにしましょう。

眠りについたミロクは夢を見ます。
ここは…ロザリーヒルか。そこへ男が来て…あっ、こいつ、ミロクの村に来ていた詩人だ!デスピサロじゃねえか。
男がなにやら塔の前で笛を吹くと地面がエレベータ状になり、塔の内部へ入ることができるように。そしてロザリーのいる部屋へ。
この詩人の男はピサロっていうのか。ピサロは、ロザリーをいじめる人間たちを滅ぼすことに決めたと言ってます。それを聞いて、誰かピサロを止めてほしいと訴えかけるロザリー。彼女はこの塔から出るわけにはいかないので、こうやって夢で誰かに訴えかけているみたいです。

そこで目が覚めます。ううむ。デスピサロが人間を憎むのはこういうワケだったのね。ていうかデスピサロ…つかピサロってなんなんだろ。人間みたいだけど。


イムルを出て、世界地図とにらめっこ。
そういやまだ行ってないところがあるんだよね。なんか山に囲まれていて行けない城があるんだよね。って、よく見ると一箇所洞窟みたいになってる場所があるじゃない。そこから入れるのかな?

その洞窟というか岩山みたいなところへ到着。ううん、岩が道を塞いでいて通れない…。メンバーがこういう所で錬金術の道具を使うとうんたらかんたら言っているけど、錬金術の道具なんか持ってたっけ。

ふくろの中身を確認したら、そういや愚痴っぽい日記を書く人が探していた杖があったっけ。「マグマのつえ」

杖を使ってみたら、いきなり噴火が始まりました。ミロク達すぐそばにいて逃げる気配もないけれど物凄い地震が起きているしマグマもゴンゴン流れてきているけど大丈夫なのかな…。というか、杖溶けちゃうんじゃないの…。

と思っていたけど大丈夫でした。杖を回収して先に進みます。

ガーデンブルグ
お城があるのですが、夜は中に入れません。仕方ないのでラナルータ使って再び入城。
■台所のツボ
ちさなメダル

■ジジイのいる部屋 タンス
かしこさのたね

■2F タンス
すばやさのたね
かわのドレス


この城は女性しか住んでいないみたい。ジジイが一人だけ居るけど。
「うらやましいだろ」って言われましたけど冗談じゃない。かえって恐ろしいわ。

あちこち漁っていたら同じような人がいるらしく、あるタンスの前に詩人みたいな格好をした男が一人立っていて調べられません。男はいないハズなのに怪しいな…。
そんなことを思っていたら「おもしろいもんが入ってるからこのタンス調べてみ」と言って去っていきました。おもしろいもんは別にいらないんだけどな……と思いつつ一応調べるミロク。しかしタンスは空です。やろう、何にも入ってねぇじゃねえか…。
そう思って立ち去ろうとすると、部屋の外に居た尼さんが走ってきて何をやっているんだと咎められました。いやタンス漁っていたんだけど…。
そしたら何だか知りませんが大事なブロンズの十字架がなくなっているとかで、あれよあれよという間にミロクが泥棒ということになってしまいました。いや確かにタンス漁ってちいさなメダルとかは取ったけど十字架みたいな金にならんもんは盗ってないよ…!

そう思うミロクですが生来の無口さが災いして言い訳もできず牢屋にブチ込まれてしまいます。ていうか身体検査とかしてもらってもいいよー、無実なんだよー(十字架に限って言えばだけど)!

そうこうしていたら女王様の前に引っ立てられました。
尼さんは完全にミロクを犯人扱いですが「いいえ」とキッパリ言っておきます。十字架「は」私じゃない!
すると真犯人を見つけて来いと言われます。おう、さっきの男だな。ていうかなんであいつ怪しまれずにウロウロできていたんだ…。

真犯人を見つけにいくのはいいのですが、人質をひとり取られるようです。どういう基準か知りませんがマーニャが人質に勝手に決定されていました。希望すれば人質は変えられるみたいなんですがメンドクサイのでこのままで出かけます。待っててね、ねえさん。

それにしても犯人のめぼしはついているものの、居場所は見当もつきません。
そしたら台所にいたオバサンが「私なら洞窟にでも隠れるよ」とかめちゃめちゃストレートにヒントをくれました。そうか、洞窟か。ありがとうオバサン。


そんなわけで城を出て南にある洞窟へ向かいます。
■1F 宝箱
ちいさなメダル
ちからのたね
1050ゴールド

■B1F 宝箱
まもりのたね
てつかめん
ドラゴンシールド

■B2F 宝箱
せいすい
ちいさなメダル

■タンス
しっぷうのバンダナ


B2Fまで行くとベッドがあり呑気に寝てる男が居るので話しかけます。
すると戦闘。
BOSS
とうぞくバコタ

さっきまで詩人みたいな格好していたのに急に格闘家みたいな格好に着替えています。ていうかお前コロシアムで戦ったサイモンだな!

ヒャダルコとか使ってきてなかなか手ごわいです。
倒したら「すばやさのたね」を落としました。
そんでもってミロク達を見張るよう女王から言われていたお城の女性兵士がサッと現れてバコタを連行していきました。なんだよ、手伝ってよー。

ミネア→Lv26 ベホマ
ブライ→Lv26
ミロク→Lv23 ライデイン


お城に戻り、女王の所へ行くと「本当は信じてた」みたいな事を言われて少しカチンと来たりしますが「てんくうのたて」をくれたのでよしとします。
あと「さいごのカギ」を手渡されてマーニャを牢から出してやれとか言われるんですが、そんなこと他人に任せるなよ…。

牢屋にいるバコタと話すと、残り1つの牢が見つけられなかったとか言っていたので城を捜索。玉座の裏にある階段を降りたところでほのおのツメを入手しました。LRボタン押して画面をグルグル回して探したわけですけど、これやると微妙に画面がナナメになって元に戻らなくなって歩きにくいんだよね。


しかしまあ今回はとんだ冤罪騒ぎでしたけども、これでありとあらゆる扉と宝箱が開け放題になりました。ようし、開けまくるぞ!!




ポチっとしてくれると喜びます!

wcminimore

★お返事はコチラでしております。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM