アークライズファンタジア ソリトン鍾乳洞

  • 2009.06.12 Friday
  • 13:54
 
やっとたまったメモが消化できそうです。


■ソリトン鍾乳洞
綺麗な景色だと喜ぶ一行。しかしラルクは全くその美しさが分からないようです。
「リフィアの男の趣味はラルクのセンス並に悪いからね」

モンスターは水棲生物とウェンディーヌという魔法生物。例によって1撃目はバリアでダメージ1になってしまいます。

次のマップへ。


・岩の高架
分岐右 宝箱「レストポイズン」
更に進むと次のマップ。


・蛍石の道
宝箱
「パリィイングダガー」
「雨のジェム」
「アクアグロッケ」

行き止まりなので戻ります。


・岩の高架
分岐上(奥)から次のマップへ。


・蛍石の道
さっき宝箱が3つあったのとは別のエリアです。
どんどん進みます。


・三叉路(左)


・青い滝
セーブ 全員Lv41


・三叉路(右)
イベント。
「サージュが入るまでウチの男子、朴念仁だらけだったもんね」
「朴念仁に助けを求めるなよ」

リフィアは上の空で少し感じ悪い。


・契約の間
アデール達が居ます。
強いほうと契約すると言われて戦闘。
BOSS:スクイル
1900ほど回復してしまうターンもありますが、炎の光召術がよく効くので楽に倒せます。
「流水の破片」「怒涛のジェム」19401Rico、WP170
倒すと条件はよく分からないのですがラルクと契約してくれることに。

アデールは、妹でもいいからラルクと一緒に居たいので次会うときまでにもう少し考えておいてくれと言って去って行きます。アルスも、協力してくれるならイーサの子の役割をラルクに譲ると言ってます(そんなことできんのか?)。
グラントさんはアルスの計画は理想郷を作るようなもんで現実味がないので助けて欲しいと言ってきます。助けたくてもどうしたらいいのやら…。

サージュによると、アルスは結晶化を止める為にリアル神と契約を交わしたとのこと。
リアル神に人を従わせるから…ということらしいですが、リアルの定理が必ずしも人間が生きるのに適した定理ではないのでそれで大丈夫なのかな?とサージュは疑っているらしいです。

「人間」てのがポイントですよね。

とにかく出口へ。
リフィアは何やら自暴自棄。
アデールのことを気にしているようですがカンジ悪いぞあんた。
何やら急いでいるようでどんどん一人で先に進んでしまい、モンスターに襲撃されます。んもう…。
BOSS:アロケル
竜です。
メンバーはラルク、オイゲン、サージュで固定。
ピンチガードがうざいです。弱点は特になく火耐性。なんだよ…ここ水棲生物多いから火属性付加のピースつけたままだよチクショウ。
「リザレクトフル」17074Rico、WP154


■ブレイブセシル号
リフィアが目を覚まさないので医者に見せることに。
オイゲンの提案により半月の宿へ。


■半月の宿
リューズが居ます。
彼によると(彼だよね??)アイオーン隊が大軍を率いてカルブンクルスへ向かったとのこと。


■ブレイブセシル号
リフィアは元気になりましたが、何も知らないままラルクを振り回したことを後悔しアデールのところへ行けばいいのにと言います。まあ確かにそうだけどさー。だからって今更そんなこと言われても。
思わずリフィアを殴ろうとするラルクですがサージュに止められます。とりあえず今はカルブンクルスが心配なのでそこへ向かいます。


■首都カルブンクルス
まだ自分が足手まといだと思ってるならここで下りろとラルクが言うと、リフィアはすんなり離脱してしまいます。ラルクもイライラしてて八つ当たりっぽいけどなー。

元老院の前へ行くとイベント。
イグナーツのとこの双子がい居て、エンジュが逮捕されています。
罪状はメリディア帝国と結託してディーバ(リフィアのこと)暗殺を企てた国家反逆罪とのことですが…んなアホな。殺された旦那さんと関係あるんですかね。

ホゼアにイマジナル神の定理のこと、アイオーン隊との繋がりを聞くためにベネトナーシュへ行くことになります。自分で追い出しておいてラルクはリフィアが心配なようです。この天邪鬼さんめ。


■聖都ベネトナーシュ
大聖堂へ行くとリフィアも居てホゼアとの面会を求めていますが、入口にアイオーン隊(イグナーツのロリコンめ…)が居て通れません。
メンバーは情報収集だと言って離脱。ラルクはリフィアを追います。

歌学省の前にリフィアがいてイベント。
ディーバだと祀り上げられていたけど何の力もないと痛感したリフィア。
アデールの方がしっかりしてると思ったのか、そのアデールがラルクを待ってると言ったのでラルクもそっちへ行けば?と考えたらしいです。
とりあえずアッサリ仲直りしてリフィアの家出(?)終了。

宿の前の広場にメンバーが居るので近づくとイベント。
ホゼアに会う為に強行突破することになります。毎度思うけどこの人たちウロウロしてるのにイグナーツはなんで放置なんですかね?

大聖堂へ。
「何者だ!」
「くせ者だ!」

暫くしてホゼア登場。
エンジュを解放しないとリアル神に味方するぞと脅すリフィア。
イマジナル神の定理について尋ねますが、「神種を…人間を救うための定理だ」という返事です。しかしもうリフィアはホゼアの言う事を全く信用してないようです。
「あーでもなんか分かる あいつ悪そうな感じする」

ホゼアは前からそうでしたが生身ではなく立体映像。
セシル達神種の時代にはあったらしいのですが、ラルク達は知らない技術。
そんなのを投影できる設備があるのは空中回廊ラスカーダというところくらいなので、ホゼアはそこに居るんでは?という話になりました。

解放すると言ったものの、間に合わないとエンジュが危険なので元老院へ行くことになります。やだなあ…どうせあの双子が居るんだろ…。


今までの話を見て分かったこと。
イマジナルの定理って「神種」を救うだけでラルク達「現種」を滅ぼす定理なんじゃないですかね。ホゼアも「神種」で、ホゼアもイグナーツも「現種」を滅ぼ すために暗躍してるんだろうなー。それを知ってるからアルスはリアル神を選んだんだろうけど、なんかリアル神も胡散臭いし。イーサ神そのものが胡散臭い気 もしますけどね。だってヴァイスに呪いかけたりさー。

とりあえず今はここまでです。はーやっとメモ消化した。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM