FF13 第13章

  • 2009.12.26 Saturday
  • 14:20

 

さていよいよ最終章です。
今までのボス戦を思い出すとラスボスもきっと鬼畜なんだろうなー、進みたくないなーと思うのですが、いつまでもそんな事言っていられませんしね。
以下ネタバレ注意。

クリア後の感想は、長くなりそうなので次の記事で書きます。
セーブポイント付近にはサクリファイスがウロウロしてますので、ヒヒイロカネやお金が足りない場合は稼げます。

分岐左へ
宝箱
「天使の冠」
「針ニッケル鉱」
「ライブラスコープ」

その先の宝箱
「過給機×4」
「完全導体×4」
「ターボプロップ×5」
「粒子加速器×2」
「閃ウラン鉱」

分岐右へ。女神の像を調べると先に進めるようになります。
  宝箱
「怒涛の逆鱗×20」
「シャーマニクス」

先へ進み、女神を調べると戦闘。
BOSS:バンダースナッチ・ジャバウォック
バンダースナッチなんて、FF10の時はザコ敵だったのになー。
ジャマーを入れとくと弱体化がききます。なんかデカイ方(バンダースナッチ)は魔法きかないように見えたんだけど気のせいか?ブレイクしたら普通に攻撃できてました。
目標タイム 4:30
先制ボーナス 1.0
戦闘時間 9:14
SCORE 12812
★★★★
「星花の種」

この後も進んでは女神を調べてボス戦、また進んで…の繰り返しです。

次のエリアはザコ敵が強くてイヤになっちゃいます。
このぐらいラクに倒せないとラスボスなんて話にならないよってことなんでしょうか。不安です。
分岐が3つあるのですが直進するとアホみたいに強い敵が居るので左右どちらかを通った方が良さそうです。右はサハギン系の敵が居て宝箱1つ。左はサクリファイスと兵士。どっちもイヤですが左に宝箱が2つあったのでそっちを通ります。
宝箱
「黒い菌糸×8」
「菱マンガン鉱」

女神を調べてボス戦。
BOSS:ヴラディスラウス
物理攻撃が強烈すぎます。生者必滅とかそんな感じの技を受けたらライトニングが8000くらいのダメージ受けて即死。プロテス必須です。技名が出てから発動するまでの時間も短いです。
相変わらずライトニング・ファング・ホープというパーティだったので慎重に技名が見えたらフェニックス(ディフェンダー+ヒーラー2名)に変更しつつ戦いました。
目標タイム 4:13
先制ボーナス ×1.0
戦闘時間 2:56
レート 39
SCORE 13003
★★★★★
「悲嘆の紅涙」

先に進むと、なんとフロアに今戦ったヴラなんとかやらバンダースナッチやらがウロウロしてます。冗談じゃないよ!相手にしてらんないので逃げます。ヴラなんとかが居る場所は狭くて通り抜けられなさそうですが、ヴラなんとかの左端を通れば襲われません。

先に進みます。
宝箱
「3000ギル」
「5000ギル」
貰ったものに文句を言うのはよくないのですが、今更8000ギルばかしもらって何がどうなるんだっていう額ですね。

BOSS:決戦騎ティアマット
地上モードと空中モードを切り替えてきます。どっちがどうなんだか詳しく分かりませんが…。ジャマーの弱体が通る時と通らない時があるようです。あとモードによってこちらの強化を打ち消してきます。
目標タイム 5:49
先制ボーナス ×1.0
戦闘時間 7:26
レート 28
SCORE 7284

「インペリアルガード」
このゲーム、成長させても防御力が上がらないので攻撃が最大の防御ですね。
何が言いたいかっていうと、防戦だとジリ貧になるよねってことです。評価★1個なんて久々に見たけど面倒なんでやり直しはしません…。

先に進みます。

ポスター等でライトニングが足を組んでソファに座っている画像がありましたが、あの場所です。こんな最後でお目にかかることになるとはねぇ。

宝箱
「エーテルスモーク」

先へ進むといよいよラスボス戦です。
ライトニング(リーダー)、ファング、ホープで望みます。
アクセサリーはダッシューズ&閃光のスカーフ(組み合わせてつけるとATB速度が上がる)。それ+ライトニングとホープは物理防御を上げるものを装備。ファングはリボン。
武器はライトニングがアクセルブレード★、ファングはカラミティシャフトLv22、ホープ君の武器は全然改造してません。
ロールはヒーラー、ジャマー、エンハンサーにしておきました。

ダイスリーが居ます。こちらの心を揺さぶってラグナロク化させるために、セラとドッジのクリスタルを砕きます。スノウはまんまとハマってorzになるのですが、ライトニングに叱咤されて立ち直ります。
BOSS:バルトアンデルス(3回目)
大技はアルテマかタナトスの哄笑。技名が表示されたらフェニックス(ディフェンダー+ヒーラー2名)にすればそうキツイ攻撃ではないです。アルテマの方はヒーラー1名入っていればフェニックスでなくても大丈夫だと思います。1、2回目よりはラクな戦いだと思います。
実はこの後連戦になるのですが、TPは全回復するのでフルケアなどは惜しまず使って大丈夫です。
目標タイム 7:34
先制ボーナス ×1.0
戦闘時間 5:48
SCORE 12646
★★★★

戦闘後イベントがあり、きついですが連戦になります。
BOSS:オーファン(1回目)
もうね……初見で敵のHP残り1ミリくらいのとこまで来たのにライトニングが即死しました。理不尽すぎる…。
そこでリトライでアクセサリーを精霊の冠★(即死耐性60%)に変更。が、これでも死ぬ時は死にます。ホープ君何回死んだか。
その後またゲームオーバーになって、結局4回目の挑戦で勝てたんですが、あまりにミロクがヘタレで気の毒に思ったのか4回目はちょっと攻撃がぬるくなったような気がしました。

さてオーファンですが、毎ターン少しずつ回復してしまいます(3000〜5000程度)。
毒やダル、スロウ等、一度に複数の状態異常になる技を使ってきます。4回目の挑戦だとこの技を使ってくる頻度が少なかったように思います。
それと一定ターンごと(?)に「心無い裁き」という技を使ってきて必ず瀕死になります。しかし即死はしません。が、毒になってるとそのダメージで死ぬかも知れないのでエスナは早めの方がいいと思います。「心無い裁き」が発動されてからフェニックスに変えても十分次の攻撃までに回復する時間はあります。
HPが減ってくると(半分以下?)「ディエス・イレ」という大技を使うようになります。これはかなり強烈な技なので、技名が表示されたらすぐオプティマ変更してHPを全回復しておいた方がいいと思います。
目標タイム 10:12
先制ボーナス ×1.0
戦闘時間 26:35
レート 16
★なし
26分て!!
目標タイムの1、5倍かかってますね…下手だったんだなー。疲れるわけだ。
でももうやり直す気力ないです。

戦闘後長いイベント。
人を心の力を借りたくてファルシは人をルシにすると言い、ヴァニラが捕まってしまいます。それを見たファングが自分がラグナロクになる!と言うのですが、ライトニング達が止めに入ります。

しかしファングは制止を振り切って、罪も重荷もひとりで背負うと言い放ちます。姐さんかっこいいけど一人で頑張らないでよぅ。
その後ファングとヴァニラ以外のメンバーがシ骸になってしまい、ファングを殴り始めます。痛い痛い!そのうち全員倒れてしまいますが、ヴァニラの悲鳴を聞いてファングが変身し、オーファンに頭突き。これもシ骸の一種なのかな?

今までの旅の回想シーンが入り、ファングの姿が元に戻ります。が、今度はファングがオーファンに捕まってしまい拷問を受けます。痛いよー!そうして憎しみの心を増幅させてラグナロク化させようとするのですが、ヴァニラが諦めない!と叫び、元に戻ったライトニング達がファングを助け、皆でオーファンに立ち向かうことに。
BOSS:オーファン(2回目)
開始直後死の宣告をかけられますが、1回目と比べるとチョロイもんです。
ジャマー、エンハンサーの魔法をかけ終わったら一気にブレイクして終わりです。
目標タイム 2:39
先制ボーナス ×1.0
戦闘時間 1:28
レート 62
SCORE 14464
★★★★★
クリスタリウムがレベルアップ(え?今更?)
「運命の覇者」のトロフィーを入手。1回目があんなボロボロの結果だったというのに、2回目の結果だけでトロフィー貰えたようです(最高の評価を得てラスボス倒すと貰えるトロフィー)。

戦闘後イベント。
落下し始めるコクーン。
ライトニング達はクリスタル化しつつあるのですが、手を繋げ!と言って固まってます。ファングとヴァニラも…と声をかけるライトニングですが、2人は下に留まったまま。そして、2人してラグナロクの姿になってしまいます。今こうして見ると、ヘカトンケイルとバハムートを足したような姿をしていますね…。

ラグナロクとなった2人はパルスのマグマを噴出させて結晶化し、落ちてきたコクーンを支えます。その様子は、タイトルロゴの天野さんのイラストの、あの形。ああ…あの絵に描かれてた2人の女性はライトニングとセラ姉妹ではなく、この2人のことだったのですね……。

ライトニングもクリスタルになっているのですが、ヴァニラの声で目覚めます。
ホープ、スノウ、サッズもやってきますがヴァニラとファングはクリスタルのまま。以前のままのコクーンの姿ではなくなっているので、コクーンを滅ぼすという予言は確かに当たってたかもね、というスノウ。

そこへ、セラとドッジが戻ってきます。今までどこに居て、どうやってここまで来たんだか…。
ホープはライトニングに向かってファングとヴァニラの事を心配したようなセリフを言うのですが、スノウと来たら早速セラと結婚させてくれとか言ってます。お前なー。

手を繋いだファングのヴァニラのクリスタルが写り、手元が微かに光って、なんとなくただの石ではないんだよねっていうのを感じさせたところで終わり。
スタッフロールと共にテーマソングが流れるのですが、Dear myfriendっていう歌詞があって、なんとなくですがライトニングがファング達のことを想っているのかなって想像できたので悲しい終わり方ではなかったです。クリスタルになってもいつかは戻れるという実例があるからでしょうか。

エンディングの後セーブ。ラスボス戦前から再開できます。オーファンズ・クレイドルの入り口に戻れるので、グランパルスにも戻れます。クリスタリウムがレベルアップしたのはそういうわけか…。

スタート画面のSPESIALにテーマが追加されてます。
トロフィー「運命の覇者」でライトニング。
「絶望ヘの勇気」でヴァニラ(ストーリー上自動的に取れる)
「未来への希望」でホープ(同じく自動で取れる)

クリア後の感想は長くなるので別記事に書きます。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM