END OF ETERNITY CHAPTER16

  • 2010.02.11 Thursday
  • 16:06
JUGEMテーマ:ゲーム
 
さあいよいよ最終章です!
当然のようにネタバレ満載なのでご注意を。
レベッカがサリヴァンから預かったクオーツを見てます。この子、ヴァシュロンに対してあんな高慢ちきな態度で喋って攻撃してたのに、なんで今はこんな幼児退行しててサリヴァンには懐いてるんですかね。記憶が無いのかな。

ヴェロニクが何やら祈ってます。この人すごいチョイ役だよなー。

☆CHAPTER16 大聖堂

「エナジーヘキサ(緑)×3」「エナジーヘキサ(青)×4」を入手。

■反体制組織壊滅指令
依頼人:カーディナル
★20
報酬:10000R、拡張スーパーサブバレル
レイニーブリッジで反体制組織と戦うのですが、そのリーダーってのがなんと「推測する老人」…おじいちゃん何やってんだよ……。
おじいちゃんの武器はラケットとなぜかヤカン。しかも動きが素早くて結構ダメージも痛いです。まあ他がザコなのでそう苦戦はしませんが。
倒したらトロフィー「推測バスター」をもらえたのですが、その説明が「そして爺さんは星になりました」。相変わらず笑わせてくれます。

■貴重な素材
依頼人:イジー
★15
報酬:35000R、ロングスコープ プロ
エベルシティでゴミ漁りしてる人に「レアメタル片」と「クリスタルコア」を渡せばクリア。クリア、つっても両方とも、特にクリスタルコアは貴重品なんだよね…。

■私のトラウマ
依頼人:マクレガー
★12
報酬:5100R、スペシャルスコープ
発電所でヘリコプターを倒せばクリア。でもヘリコプターはどんどん次のエリアに逃げてしまうみたいです。ただどん詰まりのエリアに行ったらそこから戻るのかどうかは分かりません。3エリア目で撃破。大したことないです。


お話を進めることにします。
ロエンのところにガリジャーノンとアントリオンがやってきて、一緒に戦うようです。こっちはこっちでなかなか深い信頼関係があるみたいですね。


大聖堂
凍結と毒の状態異常がウザイのでTバックでお尻丸出しの女性兵士から倒した方がいい気がします。
3つ目のエリアへ入るとボス戦。
BOSS:ガリジャーノン
リーンベルに対して体脂肪が落ちたとかなんとか言って、ゼファーに「それ、女に言うセリフじゃないよね」等とツッコまれてます。キュキュボーンて…。
額縁を通して黄金の銃で攻撃してきます。が、IAとクラック使っていたので威力は良く分かりません。ザコは無視。
ISベセルの欠片を落とします。

その先では左右に分岐があり、それぞれでスイッチを押さないと先の封印が解けないようです。サイズの大きい強敵が居る(しかも狭い、しかも2体)ので面倒。

更に先へ進むとボス戦。
BOSS:アントリオン
ルキアで逃げたクセしてヴァシュロンに対してビクトーやテレサ、私は君が好き何だよと言ってます。何を今更。
おじいちゃんの銃はスゴイことになってます。カスタマイズがグラフィックに反映されたらあんな感じになるんだろうかと思うような外見です。

アントリオンを倒すと黒ヘキサが手に入るようなので、ここで一旦外へ出るとチョイポリスへ行けるようです。それと闘技場のRANK47以降もここで開放されてます。
一旦出ても一度押したスイッチは押しなおさなくて平気(少なくともミロクの場合、ガリジャーノン後のスイッチは2回目スルーしても平気でした)です。4

先へ進むとまた左右に分岐→スイッチ押して元へ。
一旦通ったところでは敵出ないようにしてほしかったな…段差多くて動きにくいから面倒なんですよね…。

先へ進むといよいよロエンとご対面。
リーンベルは、ロエンが後悔してないかどうか聞きたかった、と言います。
ヴァシュロンとゼファーがまたカッコよく決めてボス戦に突入。
BOSS:ロエン
RPGではもはや常識となりつつあるラスボスの連戦などはありません。変身もしません。
スクラッチダメージの回復も早いですし、そもそも耐久力・HPともに高いです。攻撃は上に向けて銃を撃つと天井のガレキが落ちてくるっていう、なんだかな…なもの。まあでもありがたいことに普通にクラックが効くのでそう怖い相手ではないです。ザコの毒がちょっとウザイかな。

倒すとイベント。
そろそろ幕を引いてくれないか、と言うロエンに向かってゼファーが発砲。でも死にません。生き返ったロエンを見てヴァシュロン達は「後は頼んだぜ」と言って去っていきます。一度死んだら(=裁かれたら)罪が消えるっていうことかな…。
花びらが舞って、それに気付いたロエンが手を広げています。どうやら外の世界から降ってきてるようですが…。

その後カネがなって、約束の時間がきたのでレベッカがクオーツを落として割ります。
場面変わってガリジャーノン、アントリオンにも聖刻が出て(実際には本人にではなく床にですが)生き返り、同じく花びらを眺めています。
聖刻を受けた人が花びら見えるようになったのかなーと思ったらただ祈ってるだけだったヴェロニクにも見えてるようでワケが分かりません。

ユリス先生もアジトの屋上で、リーンベルにいたずらされたのかホッペにうずまきの模様を付けて花びらを眺めています。今思えば、BARカタールでワイン飲んだ時リーンベルが泣いたのは「マスターにはほっぺにうずまきだな」のヴァシュロンのセリフで先生を思い出したせいだったんですね。

そんで、なぜだかサリヴァンも生きてます。奴には聖刻の演出がなかったのでなんで生きてんだか知りませんが。見上げるとそこにはレベッカが居て「私にも君と同じものが見えるよ」と言い、喋れなかったレベッカがカタコトで「サリ……ヴァン」と言って抱き合って終わり。お前何一人で幸せになってんだよ。

ここまではクラシック風の壮大な音楽なのですが、スタッフロールはロック。珍しいですがなかなかカッコいいですね。
スタッフロールが終わると、右手を太陽にかざすシーンがあって、その手が青く光っています。リーンベル、と呼ばれて、リーンベルとヴァシュロン、ゼファー達の姿が移るのですが、青空のもと草原に立っています。外の世界に来たってことなのかな……汚染されてるって話だったけど、凄く綺麗です……って、それはいいけどリーンベル、ぶたさんTシャツで一体どこへ行く気なんだ……。

・青く光る手のひら
・「大切なものは、その手の中に」と言うリーンベルのセリフ
・6章で実験体らしき少女が横たわる傍でお医者さんとサリヴァンの会話、その後せめてしてあげられることは、というセリフとともに少女の手のひらがアップになる
・チョイポリスでサリヴァンと戦闘した際「研究所に私を出し抜いたものがいる」と言う
ということから、サリヴァンも知らないうちにリーンベルの手のひらにクオーツが埋め込まれていたってことですね。

でもクオーツが割れない限り死なないってわけじゃないだろうし(多分予定された死より先に事故やら病気やらで死んだらクオーツが割れるんだろうけど)、リーンベルが20歳で死ななかったのは奇跡ってことなんでしょうかね。それともリーンベルの死をゼニスに組み込む前からクオーツが摩り替えられてたってことなのかな…。


結局
・なぜ主人公3名は聖刻を受け死を免れたのか。ゼニスにとって3名が死なないことはどんな利点があるのか。
・生き返ったカーディナル(と、祈ってただけのヴェロニク)に花びらが見えたのは何故か。
・サリヴァンは不死になったと言っていたけど、最初からそれが目当てだったのか。
・アルボナで銀髪の少年(サリヴァン?)と眼鏡の青年(ユリス先生?)が下層から来てアルボナの崩壊を予言して言ったと言っていたが、何が目的で二人はシャンデリアへ行きロエンに取り入ったのか。その時から不死が目的だった?
・レベッカの存在をロエンやユリスは知っていたのか。
・ロエンが「辛い生を強いる時代を作りたい」と演説して民衆は歓喜していたが、意味が分かって喜んでいるのか。そしてその後ヤケ酒を煽っていたけどそれは建前だったのか。
と数々の不明な点があります。
そういう意味ではFF13と同じく説明不足なのですが、まあ元から3人組に世界を救うとかロエンの行いを正すだとかいう意思があったわけではないので(リーンベル死ぬかも知れないのにサリヴァン撃ちやがってコンチクショー、で戦っただけ)別にこの辺が解決しなくても無責任だとは思わないのですが……スッキリしないなー。

乱射事件でゼファーを、ルキアの大惨事でヴァシュロンを、そして落下するリーンベルとゼファーを助けたのはなぜなのか、っていうのが知りたいです。3名が生きていることでゼニスに何か得があるのかなあ…ロエン、ガリ、アントリオンが生き返ったのは多分統治する人間が必要だからだと思うんですが、この3人は別に生きてても死んでてもゼニスには関係ないと思うんだよねー…。

1つ思ったのは「神(ゼニス)を信じていない者が生き残っている」ってこと。
ゼファーは両親の理不尽な死を経験して神を信じられなくなって乱射事件を起こし、ヴァシュロンは「大事なのは自分の感情だろ」が口癖、リーンベルは運命(=神の決めた寿命)に逆らおうとして飛び降りた。

多分ゼニスというかバーゼルにとって人間が住み着いてるのはジャマなので(それ以来機能低下してきてるって言ってたし、街の人が大事な軸受けのルビーを壊れてたってウソついて発掘したりしてたって言ってたから、いつまでもゼニス(=バーゼル)にこもっていられるのがイヤだったんじゃないかな…。

で、ロエンも外へ出て行くとかいう考えはないにしろ神には頼らない(むしろ神を従えようとしている)指導者だし、ガリやアントリオンはそんなロエンを支える存在だから。

だからゼニスはそういう新しい思想を持った人には生きてもらって啓蒙活動なり外へ自主的に出ていくなりして欲しかったのかなー、と思いました。ていうか、昔の人がそういう風にプログラムしていたんじゃないのかな。ただゼニスって単なる機械で意思とかはないみたいなので(多分)、機械が人間のそんな思想まで感知できるのかどうか分からないですけど…。


この辺は攻略本とかダウンロードコンテンツとか何でもいいから説明して欲しいです。ライトノベルとかアニメとかは勘弁して欲しいけど。


まあそんなわけで「今行けるエリアは全部今開放する!」「今戦える闘技場は全部★にする!(途中カッパー、シルバーがカンストしたんでやめましたけど)」「ミッションは全てクリアする!」ってやりながら進めてたらクリアする前に100時間近くいってしまいました。
これの前にクリア後の感想書きましたが、本当に斬新で面白いゲームで、今までで1、2を争う程面白かったです。続編出て欲しいけど、シャドウハーツのFみたいになったらイヤだしなあ。


もし最後までご覧になってくださった方がいらっしゃったら、長々お付き合いありがとうございましたー。今は2周目で第7章まで来てます。次はハード行こうかな…。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM