2匹目のリヴリー

  • 2010.04.22 Thursday
  • 16:23
JUGEMテーマ:ゲーム
 

博士から「黄金の木」なるものを貰い、ビオメーターを丁度いい場所(黄色いライン)まで上げるとそれが成長しきって一応エンディングのようなものが流れます。




黄金の木を登ってリヴリーの楽園へ向かうカフェオレ(青くなってしまったので意味不明な名前になってしまいました)。
と言ってもゲームが終わったわけではなくまだまだ序の口のようです(だって全然図鑑とか埋まってないし)。
エンディングの後、二つ目のガーデンと新しいリヴリーを貰いました。最初に選べるリヴリーよりも種類が更に増えていて迷いまくり…。



いかにも寒さに強そうなこの子にしました。喜んだ時の「ふわぁー」みたいな声が可愛らしいです。動きは緩慢。また色気づいてカプチーノという名前にしてみました。

リヴリーが覚えた地形変化の技を使ってどんどん新しい植物を育てていくことになるのですが、「水」の次に覚えられる「湿地」が苦手なカプチーノ…新しい庭でガンガン働いてどんどんレベルアップしてもらうつもりだったのですが、苦手な土地に置いておくと悲しそうな声で泣くので仕方なくカフェオレと入れ替え。カプチーノは最初に貰ったガーデンの番をしていてもらうことにします。

ガーデンには「元気度」というのがあって、リヴリーが1匹もいないとどんどん土地が荒れていってしまいます。2つ目に貰ったガーデン(命名:モンプチ)は広いので2匹でお世話しようかと思ったんですが、それはダメみたい。

結局最初から居たカフェオレが土地を改造しまくるのでレベルも上がりまくり。カプチーノは動作と同じくのんびりまったり成長してもらう事にします…。


で、二つ目のガーデンはまず外周を水にして中心を庭園っぽく作るんだ!などと考えていたんですが、あれよあれよと言う間に湿地の技を覚え、次のガーデン(とリヴリー)を貰うには虫の図鑑を30匹埋めないといけないのでひたすら新しい植物を植えねばならず、そうこうしているうちにジャングルの地形変化も覚え…となってもうめちゃくちゃな庭になりました。整った綺麗な庭を造るのは一通り植物や虫が揃ってからになりそうです…。




西洋風の街灯&草イチゴの花と毒々しいキノコ、その後ろに和風なコケと竹というなんともカオスな庭で佇むカフェオレ。


★プレイして気付いた事
・このゲーム音楽が結構良く、またリヴリーの泣き声も可愛らしいのですがヘッドフォンしていないと全く聴こえません。

・植物をタッチすると1つずつちゃんと成長度などがチェックできて割と細かい。

・全体を見渡せるカメラがあると良かった(ひっちゃかめっちゃかな庭しかないが)。

・黄金の木が育つ前後くらいにモンスターが来る事が2度あったが、育ちきってからは一度も来ていないのでそれは強制イベントかもしれない。


それにしてもいくつガーデンを貰えるか知りませんが、リヴリーの図鑑を埋めようと思ったらとっかえひっかえしていくってことですよね…結構情が移るのでつらそうです。
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM